[MDN][翻訳][Advent Calendar 2014]ネタに困ったのでMDNの翻訳を実況してみる


 藪下@2課の比較的英語できない子です。

 この記事は MDNやFirefox OSのドキュメントをみんなで翻訳! Advent Calendar 2014 の8日目の記事です。

 さて皆様翻訳するにあたって用意しておくべきこととか翻訳するようになってどうだったとかの話をされているので、毛色を変えて記事を翻訳しながら思うところを書いていきます。過去思ったことじゃなくて今から翻訳しながら書きますw

今回の翻訳対象ページ

 藪下はプロフィールページを見る通り主にテスト周りを翻訳しています。
 APIを書いてみたりしているとちゃんと動いているか確認したくなるのでテストを調べていましたが、自分の必要なところだけ翻訳して他はほったらかしでした。
 この機に一つ翻訳してしまおうかと思います。

 というわけで今回の対象はGaia unit testsです。

まずは日本語ページを作る

  • LANGUAGEをポイントして Add a translation をクリック Add a translation
  • Select a language to translate to:ページで日本語 (ja)をクリック 日本語(ja)
  • Wysiwygエディタが立ち上がるのでおもむろに翻訳! の前にタイトル変えておきましょう 日本語タイトル

本文を翻訳しながら思ったこと

 さっそくニュアンスがわからない単語が出てきました。
 単語はよく辞書引くので辞書サイトは開きっぱなしです。藪下は大体この辺で単語を調べます。

  • アルク http://www.alc.co.jp/index.html
    • ここは藪下がMDN翻訳時以外でも常に使っているところです。藪下がFirefoxを使えるところでは必ず検索プロバイダに入れてあります。
  • Weblio英和和英 http://ejje.weblio.jp/
    • Googleで単語を検索すると上位に出てくるのでそこそこ見ます。用例を見たいときはアルクとWeblioどちらも見たりすることが多いです。

 こういった副読本はいちいち画面切り替えたりするのが面倒なのでサブディスプレイに表示するとか別のPCで表示することが多いです。
 藪下の家ではSynergyで各PCの画面を行き来できるようにしてあるのでその時近くに置いてあるPCを使うことが多いです。

 翻訳してみたのを読み返してリンクをクリックしてみると英語版。。。まあ翻訳あるあるなんですが、リンクの多いページを翻訳していると結構リンクの確認が大変です。
 たとえば注意の段落にあるGaiaの開発のリンクは翻訳原文ではもちろんen-USに対してリンクされています。ですが対象のページに日本語訳が存在するならそちらにリンクすべきですよね。でもこれ確認するのに一度そのページにアクセスしてLanguageに日本語があるか確認してると面倒です。簡単に翻訳が存在するか確認する方法があるといいんですけど知らないので誰か教えてプリーズ (翻訳アドベンターに期待!)。
 ちなみにMDNは歴史的な経緯で英語と日本語でパーマリンク構造が同じとは限らないので注意です。ちゃんとリンクできてるか確認はしておくといいです (何度かハマった)。

一度で全部翻訳する必要はない

 まあ今回全文翻訳しない言い訳なんですが。。。
 一度で全文翻訳する必要はないです。事実藪下は一つの記事に対して結構何度も更新してます。あまり気構えずに気になったところだけでも翻訳するとか日本語がわかりにくいところは直してしまうとかしていってください。

MDNは更新されていく

 MDNが更新されるのは日本語だけではありません。原文である英語の記事も更新されることがあります。
 日本語の翻訳だけでなく英語の記事も見てみたら書いていることが違うこともしばしばなので、気が付いたら直してしまいましょう。
 例えば藪下は過去にFirefox OSの自動テストというページを翻訳していますが、Advent Calendarの記事を書こうと思った時点で英語の記事が更新されていました。
 気づいた時が修正時なので日本語のおかしなところの修正とともに気づいた英語版の修正を取り込んでみました。

まとめ

  • 日本語ページは簡単に作れる
  • 辞書サイトはよく使うのですぐアクセスできるようにしておく
  • リンクは確認する
  • 全部翻訳しなくてもいい
  • 一度翻訳しても原文が更新されがちなので何度でも楽しめ。。。る

 取り留めもなく書いてきましたが、雰囲気伝わったでしょうか。
 あんまり難しいことを考えてやっているわけではない (藪下のような) 人もいるので皆様もお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">