[Firefox OS][WebAPI]バイブレーションAPIの使い方


 藪下@2課のガジェオタです。環境光センサ、近接センサ、GPSときて今回はバイブレーターを動かします。
 バイブレータは使いどころがわかりやすいですね。何らかの通知を目立たせるため、演出の効果の一つとして、メインの効果ではないかもしれませんがちょくちょく使われている場面に出くわします。

バイブレーション

 バイブレーションAPIは端末のバイブレータを制御するためのAPIです。
 着信音とともにバイブレートする機能や通知の一種に使われます。
 バイレーションAPIは振動させたい時間を与えることで制御します。振動時間と停止時間の配列を渡すことによってパターンも表現することができます。

  • [バイブレータのサンプル](https://github.com/aoitan/C86_samples/tree/master/vibrator バイブレータのサンプル)

バイブレータを振動させる

 バイブレータAPIはnavigator.vibrate()によって制御します。
 引数としてnumberあるいはnumberの配列を取り、引数で指定された時間だけバイブレータを振動させます。単位はミリ秒です。
 引数が配列の場合、奇数番目の要素を振動時間、偶数番目の要素を停止時間としたパターンでバイブレータを振動させます。

navigator.vibrate(200);
// 三三七拍子
navigator.vibrate([200, 100, 200, 100, 200, 200,
                   200, 100, 200, 100, 200, 200,
                   200, 100, 200, 100, 200, 100, 200, 100,
                   200, 100, 200, 100, 200, 200]);

バイブレータを停止させる

 引数として0を渡すとバイブレータが停止します。

navigator.vibrate(0);

リファレンス

 今回の内容は以下のURLが一次リソースになります。W3Cの仕様なので各ブラウザもこの仕様に則ります。

まとめ

 バイブレーションAPIは使い方も簡単でいいですね。
 冒頭でも書いた通り主役の効果ではないもののいろいろな場面で小粋に効いてくれる効果だと思います。
 単に通知する場合だけでなく、ゲームなどでも派手な動きや爆発とともに使えばよい演出になるでしょう。

 ただしバイブレーションAPIはバイブレータを駆動させるため不用意に多用すると電池持ちに影響します。
 デバイスを制御するAPI全般に言えることではありますが、適切な使用を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">