[Firefox OS][FxOS] API使用手続きについて


FirefoxOSでは、アプリをHTML+JavaScriptで作成できます。
その際、JavaScriptから、
FirefoxOS上に用意されたAPIを使用できます。
今回はFirefoxOS上でAPIを使用するための手続きについて述べます。

1. webappファイル

FirefoxOSから、アプリとして認識させる為、webappファイルを作成する必要があります。
ここへの記載内容に応じて、アプリ内で使用できるAPIも変化します。
以下では、使用APIに関連するパラメータと、webappファイルへの記載方法について記載します。

1-1.type

  "type": "certified",

typeには、以下の種類があります。
web:通常のアプリ。最低限のWebAPIのみ。
privileged:特権アプリ。審査を経て承認される。
certified:通話やシステム設定等のシステム機能を備えたアプリ。

web < privileged < certified
の順番で、使用できるAPIは増えていきます。
尚、type指定を行わなかった場合、”web”typeとして扱われます。

1-2.premissions

  "permissions": {
    "mobileconnection":{},
    "wifi-manage":{},
    "geolocation" : {},
    "desktop-notification": {},
    "systemXHR": {
      "description": "xhr"
    },

privileged以上の権限レベルに属するAPIには、
permissionの設定が必要となります。
それぞれのAPI毎に設定項目は異なります。
項目毎の詳細については以下を参照してください。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Apps/App_permissions

2. jsファイル

webappファイルへの記載が正常であれば、
特に設定等必要なく、
javaScript内で該当APIを使用できます。

※実行時にエラーコンソール内で「TypeError: *** is undefined.」と表示されている場合、
1の設定を誤っている可能性があります。
但し、Firefox OS Simulatorでは、これら設定を行っていても一部のAPIは動作しないようです。

[Firefox OS Simulator3.0.1で動作しないAPI]

bluetooth
wifiManager
mozMobileConnection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">