[Tizen]ネイティブアプリを作成しエミュレータ上で実行してみる


どうも。犬より猫派のshintaniです。

今日は、Tizen OSのネイティブアプリケーション作成しエミュレータ上で動作確認するまでの手順について紹介したいと思います。

[準備]

1.Tizen SDKインストールしておきます。
Tizen SDKは、こちらからダウンロードできます。

以下は、Windows上でTizen SDK2.0を用いた場合の手順となります。

[手順]

1.Tizen IDEを起動する

スタートメニュー→プログラム→Tizen SDK→Tizen IDEを選択します。

Tizen_IDE

2.新規プロジェクトを作成する
File→New→Projectを選択します。

Tizen_IDE_Create_Project1

Tizen Native Projectを選択します。

Empty Applicationを選択します。

今回はプロジェクト名を”HelloTizen”します。

Finishを選択するとプロジェクトの作成が完了します。

3.プロジェクトをビルドする

Project Explorer内の”HelloTizen”プロジェクトをクリックしアクティブにします。

続けて右クリックでBuild Projectを表示させ選択します。

右下のBuild Projectが100%になるとビルド完了です。

4.エミュレータの作成と起動

スタートメニュー→プログラム→Tizen SDK→Emulator Managerを選択し、

Emulator Managerを起動します。

EmulatorManager

x86-standard下のCreate newを選択し、画面右下のCreateボタンを押下します。

次にデバイスの名称を設定します、今回は”TizenDevice”と入力します。

入力が完了したら、Confirmを選択するとエミュレータの作成が完了します。

エミュレータの作成が完了すると画面上にエミュレータ名”TizenDevice”が表示されます。”TizenDevice”を選択しLaunchをクリックするとエミュレータが起動します。

Tizen_Emulator

5.プログラムの実行

Tizen IDE画面に戻りProject Explorer内HelloTizenプロジェクトをアクティブにし右クリックします。

続けて、Run As→Tizen Native Applicationを選択するとエミュレータ上でHelloTizenアプリが起動します。

HelloTizen

[Tizen]ネイティブアプリを作成しエミュレータ上で実行してみる” への1件のコメント

  1. ピンバック: [Tizen]Smart Development Bridgeを使ってみた | GCG研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">